マトリッグマ

大悟が第26回IPPONグランプリで名言「マトリッグマ」

2021年12月04日(土)第26回 IPPONグランプリに大悟が出演(Aブロック)しました。

日時

  • フジテレビ
  • 8ch
  • 2021年12月04日(土)
  • 21:00~23:10 
  • 出演者
    • バカリズム
    • 大悟
    • おいでやす小田
    • 山内健司
    • 堀内健
    • 千原ジュニア
    • 西田幸治
    • もう中学生
    • 川島明
    • 秋山竜次
  • 優勝者 麒麟・川島

「マトリッグマ」、大悟が写真で一言で伝説残す

第26回の優勝者は麒麟・川島。

堀内健との決勝戦を、お題「3文字の一番強いものと弱いものを教えて下さい」に、「ピン子とえなり」と華麗な回答、会場を沸かせながら優勝を決めた。
今をときめき、勢いに乗っている麒麟・川島の凄みが出ていたと思う。

今回の一番の見どころは、写真で一言で大悟がゼロをたたき出したことです。

大悟は、「今年一番のスベり」と自ら評価した、写真で一言の「マトリッグマ」。

これが、写真で一言の素材が大悟の「マトリッグマ」を生んだ
写真で一言でゼロを出したことに赤面する大悟

松本人志が番組の終わりに「マトリッグマ」をぶっぱなしで、笑いで番組を締めた。

大悟が、松本人志のお笑い大番組で伝説を作るという偉業を達成できたこと、とてもうれしく思いました。

リンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。