千鳥が1時間新ネタだけをするLIVE

千鳥単独ライブ! 千鳥が1時間新ネタだけをするLIVE 2021年11月20日(土)ルミネtheよしもと(東京都)

千鳥の単独ライブ!オンライン配信も!

ついに来た千鳥の単独ライブ!

  • 公演日時:2021年11月20日(土)
  • 開場19:00 開演 19:30
  • 会場 ルミネtheよしもと(東京都)
  • 全席指定 前売 4,000円
  • チケット先行予約受付
  • 2021年10月30日(土) 11時00分 ~ 2021年11月01日(月) 11時00分
  • 抽選発表日時
  • 2021年11月03日(水) 18:00

漫才の順序

  1. 警察のほぐし課
  2. ギャグ
  3. サザエさんのフネ
  4. 伝説の木の職人

※タイトルは正式なものではありません私が勝手につけたものです。

サザエさんのフネに完成形を観た。-千鳥の最新漫才を観た感想-

安定の電話ネタで始まりました。

「警察のほぐし課」、大悟の電話で対応する女性像、ちょっとブルースを感じます。そこがいいかもね。

二つ目は、全く新しいタイプの「ギャグ」、ひねくれていないタイプの漫才なんですけど、大悟節全開のボケが光りましたね。ノブの見せ所もたくさんあります。

そして、今回の真打ちネタともいえる「サザエさんのフネ」。
私はこれが一番面白いと思いました、しつこいリピート感とエスカレートしてゆくボケが大悟の味わいが出てましたね。

人間の優しい感じを出しながら、ボケを重ねていくところに大悟の真骨頂を感じました。やはりこのスタイルが千鳥の漫才の完成形のひとつなのかもしれません。

ラストは「 伝説の木の職人 」、大悟がお店の人でノブが訪問してくるという「寿司や」の型です。
ノブがやってくるところから始まり、クセのある挨拶から始まるところも似ています。
電話ネタと並んで、もはや伝家の宝刀。

1時間の漫才だけのライブ、あっという間に終わりました。

漫才の合間にクセスゴシンガー ミニ情報

漫才の合間は、クセスゴでおなじみの日谷と、エハラマサヒロの歌ショーが入っていましたよ。意外と千鳥の漫才に空気感もあっていました、クセスゴで観ていて馴染んでいるからでしょうか。

まとめ

配信だったのでオンラインチケット料金は1600円、すごく安いなと感じました。
1時間があっという間で、もっと観たい!と感じました、配信で観る場合だとこれぐらい短いほうがもっと観たいと感じるのかもしれない。
過去に広島会場での単独ライブも行きましたが、あの雰囲気の中でまた味わいたいなあと、思いました。

千鳥の貫禄が増したなと思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。